センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件におすすめのDIY「ディアウォール」の特徴についてご紹介

賃貸物件におすすめのDIY「ディアウォール」の特徴についてご紹介

≪ 前へ|選ぶならどっち?賃貸物件とマイホームを費用の面から比較してご紹介!   記事一覧   子育てファミリーにおすすめの賃貸物件とは?|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件におすすめのDIY「ディアウォール」の特徴についてご紹介

賃貸物件で生活する際に、もっと収納があれば良いと思うこともあるでしょう。
そんなときにおすすめなのが、ディアウォールです。
ここでは、手軽にDIYができるディアウォールの魅力と種類についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のDIYにおすすめな「ディアウォール」の特徴とは?

ディアウォールとは、壁に穴を開けずに収納棚がつくれる便利なアイテムです。
ツーバイフォー材を使用して、床と天井にぴったりと設置させて突っ張り棒のような役割をもたせ使用します。
手軽に設置できるなどのメリットがあり、収納スペースを簡単に手作りすることが可能です。
壁部分を有効に使って本棚などをつくることもでき、飾り棚をつくってお気に入りをディスプレイするなどして、インテリアを楽しむこともできます。
撤去することも簡単なので、試しやすいのではないでしょうか。
子ども部屋、玄関、キッチンなど収納を増やしたいところに、手軽なDIYで生活を便利にすることができるので、多くの方におすすめです。
室内を傷めてしまう心配もなく、とくに賃貸物件にはおすすめの方法だと言えるでしょう。
ただし、座ったり重い物を置いたりすることができないため、注意しながら使用することが大切です。

賃貸物件のDIYにおすすめのディアウォールの種類

いろいろな使い方ができるためDIYにおすすめしたいディアウォールですが、種類もいろいろあるので、用途にあったものを選んで使用してください。
サイズがいろいろ用意されているほか、カラーもいくつかありますので、お部屋のイメージや床の色に合ったものを選ぶと良いでしょう。
ツーバイフォー材以外にも棚受けなどが必要なため、どのような使い方をするのか決めてから、良いと思うものを選んでください。
また、中間ジョイントを購入すれば、短い板材を追加して、自身の部屋で組み合わせることができて便利です。
長い板材を持ち運ぶのに抵抗がある方は、こういった使い方をしてみると良いでしょう。
本棚などの家具を購入すると、引っ越しする際に物が多くなり負担が大きくなりますが、DIYでディアウォールを作れば運ぶものが少なく、退去する際も楽です。

まとめ

賃貸物件で収納を増やしたい場合は、DIYでディアウォールを作ることをおすすめします。
ディアウォールとは、壁に穴を開けずに棚などがつくれる便利なアイテムです。
サイズやカラーもいろいろあるので、目的や好みに合わせて選んでください。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。
仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|選ぶならどっち?賃貸物件とマイホームを費用の面から比較してご紹介!   記事一覧   子育てファミリーにおすすめの賃貸物件とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る