センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の申し込みでキャンセルは可能なのか?状況ごとにご紹介

賃貸物件の申し込みでキャンセルは可能なのか?状況ごとにご紹介

≪ 前へ|賃貸物件のユニットバスとは?掃除の仕方や便利なDIYをご紹介   記事一覧   IT重説とは?特徴ややり方、注意点を解説!|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件の申し込みでキャンセルは可能なのか?状況ごとにご紹介

賃貸物件探しをしていて、お気に入りの物件が見つかり申し込みしたあとに、ほかに気になる物件が見つかったことはありませんか?
その場合、申し込みをキャンセルすることは可能なのか、疑問に思う方も多いと思います。
賃貸物件の申し込みのキャンセルは可能なのか、申し込みキャンセルの契約前・契約後ではどのような問題があるかなどご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の申し込み後に契約前のキャンセルで生じる問題とは

賃貸物件の入居を希望する場合は、入居申込書を貸主に出します。
これを貸主(大家さん・管理会社)が確認して入居審査をおこない、不備などがなければ重要事項説明を受け、契約書に判を押し、契約が成立となります。
ただし、厳密な話になると、法的には貸主と借主の合意が取れた段階で契約は成立しているとみなされるのです。
このように、双方の合意で契約が成立すると定めた形式を「諾成契約」といいます。
不動産会社によっては、諾成契約で申し込みが完了したと決めたり、契約書に署名・捺印した時点で申し込みが完了したと決めたりとさまざまです。
この契約成立の解釈の違いによって、申し込みをやめられる・やめられないの話になったり、違約金を請求されたりといったトラブルに発展することがあります。
基本的に、賃貸物件の契約前であればその申し込みを取り下げることは可能です。
そのため、賃貸物件の申し込みをする際は、契約成立がどの段階でおこなわれるのか、どこから違約金が発生してしまうのかなどを事前に確認しておくことでトラブルを防げます。

賃貸物件の申し込み後に契約後のキャンセルで生じる問題とは

入居申し込みが完了し審査にもとおり、重要事項の説明を受けたあとに契約書にサイン・捺印をし、契約が成立したあとのキャンセルを申し出ることは原則困難です。
キャンセルをした場合、たとえ入居していない場合であっても契約にあたって支払った費用の全額を返却してもらうことは難しいです。
礼金、仲介手数料、1か月分の家賃といった費用は多くの場合戻ってくることはありません。
例外として、敷金を支払っている場合は性質上入居前のキャンセルであれば戻ってくる可能性は高いです。

まとめ

賃貸物件の契約申し込みのキャンセルの可否についてご紹介しました。
いずれにせよ、キャンセルとなれば大家さんに迷惑がかかってしまうことを理解しましょう。
できる限り、キャンセルすることがないよう注意しながら賃貸物件の申し込みをおこなうことが重要です。
市川市でのお部屋探しなら、センチュリー21ダイチ・コーポレーションお任せください。
市川市以外にも、江戸川区葛西エリアの賃貸物件なども種類豊富に取り扱っておりますので、お引越しの際は当社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件のユニットバスとは?掃除の仕方や便利なDIYをご紹介   記事一覧   IT重説とは?特徴ややり方、注意点を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る