センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > IT重説とは?特徴ややり方、注意点を解説!

IT重説とは?特徴ややり方、注意点を解説!

≪ 前へ|賃貸物件の申し込みでキャンセルは可能なのか?状況ごとにご紹介   記事一覧   賃貸物件の契約時に加入する火災保険の種類や補償範囲をご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

IT重説とは?特徴ややり方、注意点を解説!

近年、不動産業界で「IT重説」の導入が進んでいます。
IT重説とはオンラインで重要事項説明を受けることです。
あまり耳慣れない言葉のため、「そもそもIT重説とは何か」「どのようにして受けるのか」などの疑問を感じる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、IT重説の特徴ややり方、注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

IT重説の概要や特徴とは?

IT重説とは、パソコンやタブレットなどのIT機器を通じて「重要事項説明」を受けることです。
賃貸物件を借りる際、入居希望者は不動産会社の宅地建物取引士から「重要事項説明」を受け、内容の最終確認をおこないます。
かつては対面での説明が義務付けられていましたが、2017年からオンライン上での実施が認められました。
ネット環境が整っていれば自宅でも重要事項説明を受けられるようになったため、多忙な方や足腰の悪い高齢者の方などの負担が大きく軽減されるようになったのです。

IT重説のやり方をご紹介!

IT重説を受けるにあたり、まず使用するIT機器の準備や通信環境の整備が必要です。
接続テストをおこない、映像はきちんと映るか、音声は途切れないかなどを確認しておくと安心して受けられるでしょう。
また、IT重説実施前に不動産会社から書類一式が送られてくるため、不足している書類はないか、内容はどうなっているのかなどを事前に確認します。
これから重要事項を説明する人物が宅地建物取引士本人であることを確認したのち、IT重説を受けます。
疑問点があれば、その場で確認するようにしましょう。
IT重説終了後、書類一式に署名押印して不動産会社へ送り返します。

IT重説を受ける際の注意点を解説!

IT重説はオンライン上でおこなうため、通信速度が遅い場合は映像や音声が乱れ、十分な説明を受けられないこともあります。
IT重説を受ける前に、ネットワーク環境が安定しているかどうかをチェックしましょう。
IT重説の導入にともない、オンライン上で物件の内見から契約までの手続きを済ませられるようになりました。
しかし、実際に部屋を確認せずに住み始めると思わぬトラブルが発生することもあるので、その点には注意が必要です。

まとめ

IT重説の活用により、自宅でも賃貸借契約における重要事項説明を受けられるようになりました。
不動産会社へ来店する手間や移動時間が省け、身体的負担も軽減できます。
お住まいをお探しの方は、弊社までお気軽にご連絡ください。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、江戸川区の賃貸物件を豊富に取り揃えております。
ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の申し込みでキャンセルは可能なのか?状況ごとにご紹介   記事一覧   賃貸物件の契約時に加入する火災保険の種類や補償範囲をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る