センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸での子どもの足音による床衝撃音の大きさ

賃貸での子どもの足音による床衝撃音の大きさ

≪ 前へ|荒川や江戸川が氾濫したら…江戸川区の水害事情と避難の方法を徹底解説!   記事一覧   江戸川区葛西にある子どもと一緒にリラックスできるアクセス良好カフェ!Cafe Linnea|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

いま、賃貸マンションやアパートに住んでいると、子どもが家で走り回ったり駄々をこねるときに足をダンダン!と大きな音を出していませんか?

 

この音についてあまり気にしていない方は要注意です。

 

子どもが走り回る足音は意外にも下の階に大きく響いてしまっている可能性もあります。

 

そして、それがあまりにもひどくなると下の階の人とのトラブルへと発展してしまうこともあります。

 

この記事では、賃貸での床衝撃音の大きさやそれに対する対策についてご紹介します。

 

現在賃貸集合住宅に子どもと一緒に住んでいる方は是非チェックしてみてくださいね。



賃貸子供


 


賃貸に住む家族で子どもがいるなら足音に注意


 

賃貸でお子様の足音などによって起こる下の階への床衝撃音とは一体どんな音か、どれくらい気になる音なのか解説しましょう。

 

もし賃貸に現在住んでおり、子どもがいつも走り回っていたりするのであればどのくらいの音が下の階まで響いてしまっているのかがわかるかと思います。

 

<賃貸での床衝撃音>

 

床衝撃音というのは、比較的軽い音を出す「軽音衝撃音」と重い音を出す「重音衝撃音」の2つに分類されます。

 

軽音衝撃音というのはおもちゃや食器、スプーンなどを落としてしまったときに響く軽い衝撃音のことです。

 

「カシャーン!」といったような軽めの音が鳴ります。

 

それに対して、重音衝撃音というのは走り回ったりジャンプしたりしたときに鳴る「ドン!」「ダンダン!」という重めの音です。

 

子どもが走り回ったりすると起きる重音衝撃音が下の階に響くのです。

 


賃貸での子どもの足音による床衝撃音への対策にはコルクマット


 

では、このような床衝撃音に対してどのような対策を施せばよいのでしょうか。

 

子どもに「家の中で走っちゃダメ」「家の中でジャンプしちゃダメ」としつけても、ありあまるエネルギーを自力でコントロールするのは幼い子どもには難しいものです。

 

子どもたちにのびのび過ごしてもらいつつ、階下への騒音を減らせる対策方法をご紹介します。

 

<防音対策にコルクマット>

 

床衝撃音の防音対策におすすめの対策方法が「コルクマット」です。

 

コルクというのはとても吸音性の高い素材ですので、これを床に敷いて使うことによって、敷いていない場合と比べて音の響きにかなりの違いが出てきます。

 

全く響かなくなるということはありませんが、あまり気にならない程度までには抑えることができるでしょう。

 

コルクマットはネットショップやホームセンターなどで購入ができるほか、最近では100円ショップなどでも取り扱っているところがありますので、比較的簡単にできる対策方法となっています。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 


まとめ


 

賃貸での子どもの足音による下の階への床衝撃音とその対策方法についてご紹介しました。

 

今まで気にしていなかったという方は、是非この記事を読んだ今日から実際に気を付けて生活してみたり、後半にご紹介したコルクマットを敷いた対策方法なども試してみてはいかがでしょうか。

センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。

 

こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。

 

≪ 前へ|荒川や江戸川が氾濫したら…江戸川区の水害事情と避難の方法を徹底解説!   記事一覧   江戸川区葛西にある子どもと一緒にリラックスできるアクセス良好カフェ!Cafe Linnea|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る