センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件に独立洗面台は必要!?メリット・デメリットを解説

賃貸物件に独立洗面台は必要!?メリット・デメリットを解説

≪ 前へ|これさえあればDIYができる!おすすめの工具   記事一覧   賃貸の一人暮らしの方におすすめの防災対策・防災グッズのご紹介|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件を探す際に、洗面台を独立洗面台にするか、ユニットバスにするかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

本記事では、独立洗面台のメリット、デメリットを紹介しながら、独立洗面台の必要性について紹介します。

 

賃貸物件をお探し中の方は、ぜひ参考にしてください。


賃貸物件における独立洗面台の必要性とメリット

 

賃貸物件における独立洗面台の必要性とメリット


では、独立洗面台があることでのメリットを説明していきましょう。

 

<収納スペースの充実>

独立洗面台には、収納スペースがあります。

 

鏡面台の裏側の収納スペースは、女性の方であれば化粧品など、他にも整髪剤、歯ブラシなどを収納することができます。

 

さらに流し台下のスペースを利用すれば、洗剤、シャンプーの詰め替え、タオルなど様々なものを収納することが可能です。

 

<湿気が少ない>

ユニットバスの場合、蒸気で曇ってしまって鏡が見えないという問題点がありますが、独立洗面台は湿気が少ないのでお湯で顔を洗っても曇ることがありません。

 

また曇り止め防止を備え付けた洗面台もあるので、温度差の激しい冬場でも快適に利用することができます。

 

<コンセントがある>

ユニットバスの洗面台でドライヤーを使うと、電源を浴室の外から確保する必要があります。

 

独立洗面台であれば、コンセント口があるので、ドライヤーをそのまま使用することが可能です。

 

メリットから考えると、独立洗面台はとくに女性にとって必要性の高い設備なのではないでしょうか。

 

賃貸物件における独立洗面台の必要性とデメリット


次に、独立洗面台のデメリットを紹介しましょう。

 

<家賃が高い>

独立洗面台のある物件は、家賃が高いというデメリットがあります。

 

同じエリアの同条件の広さの物件と比較しても5,000~10,000円程度高くなる可能性があります。

 

安さ重視で賃貸物件探しをしている方は、独立洗面台の賃貸物件が合わない可能性があります。

 

<居室面積が狭い>

独立洗面台には1㎡の広さが必要となるので、必然的に居室面積が狭くなってしまうというデメリットがあります。

 

洗面台の必要性を感じていないのであれば、独立洗面台のない居室面積が広い賃貸物件を探すことをおすすめします。

 

<掃除が手間になる>

独立洗面台は水のつまり、水垢などが発生するので、定期的に掃除をすることが必要になります。

 

鏡も、放っておくと水滴が付着してすぐに汚くなってしまいます。

 

デメリットを総合的に判断すると、顔を洗えればそれで良いと考えている男性などは、独立洗面台の必要性は無いと感じるかもしれません。

 

まとめ


独立洗面台のメリット、デメリットを紹介しました。

 

独立洗面台は掃除の手間などもありますが、収納スペースが多く、化粧品などが多い女性にとっては必要性のある設備と言えるのではないでしょうか。

 

毎日使う可能性が高い設備なので、導入するメリット、デメリットを考慮したうえでメリットが多いと判断するのであれば、賃貸物件を選ぶ際の参考にしてください。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。

 

仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談下さい

≪ 前へ|これさえあればDIYができる!おすすめの工具   記事一覧   賃貸の一人暮らしの方におすすめの防災対策・防災グッズのご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る