センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > ファミリーでの転勤は手続きが大変?賃貸の場合は違約金にも注意!

ファミリーでの転勤は手続きが大変?賃貸の場合は違約金にも注意!

≪ 前へ|家族で充実した休日を過ごそう!地下鉄博物館など雨の日でも楽しめる江戸川区のおでかけスポットご紹介   記事一覧   マンションに入居したら自治会への加入は必須?入らないとどうなるの?|次へ ≫
カテゴリ:雑記

転勤は急に決まるので、ファミリーで引っ越しをするとなると、慌ただしく準備や手続きをしなければなりません。

 

短期間の引っ越しを成功させるためには、どうすればよいのでしょうか?

 

そこで今回は、転勤によってファミリーで引っ越しをする場合の準備方法についてご紹介いたします!


転勤によるファミリーの引っ越し


転勤によるファミリーでの引っ越し!賃貸ではどんな手続きや準備が必要?

 

通常の引っ越しは、物件を決めてから転居日や今住んでいる賃貸の解約日を決めるものです。

 

しかし、転勤の場合は新しい部署での業務開始日が決まっているため、まず初めに転居日を決め、引っ越し業者に相談および見積りをとるところから始めるのがおすすめです。

 

次に、現在暮らしている賃貸の管理会社に退去通知をします。

 

転居日が決まったら、その日までに入居できる新しい賃貸物件を探します。

 

忙しいのでなかなか新居を検討する時間をとるのは難しいかもしれませんが、地域の相場などを調べ、なるべく好条件の賃貸物件を選ぶようにしましょう。

 

何度も内見に行くのは時間も交通費ももったいないので、なるべく1日で決め、申し込みまで行うのがおすすめです。

 

そのため、内見日にはメジャーや筆記用具、カメラなどの物件情報を記録するアイテムはもちろん、印鑑や身分証、源泉徴収票など契約時に必要になるものも一緒に持っていくようにしましょう。

 

引っ越しまで一週間を切ったら、荷造りを進めながら転居届の提出や電気・ガスなどの住所変更を行いましょう。

 

新居のカギを受け取ったらいよいよ引っ越しです!

 

慌ただしい中でもスムーズに作業ができるよう頑張りましょう!

 

転勤によるファミリーでの引っ越しは賃貸の場合違約金が発生する?

 

現在住んでいるお家が賃貸の場合は、よく契約書を確認することが大切です。

 

なぜかというと、場合によっては引越しの時に違約金を支払わなければならないことがあるためです!

 

通常、賃貸の契約を解除する場合は、退去日から1~3か月前までに通告をする「退去時通告期限」が定められています。

 

しかし、急な引っ越しの場合はその期限より前に通告することができないので、引っ越し後も旧居の家賃を支払うか、違約金を支払う場合があるのです。

 

これにはさまざまなケースがあり、大家さんによっては事情を理解して転居後の家賃を免除してくれるケースもあります。

 

しかし、すべてがそのようになる訳ではないので、転勤の可能性がある方はあらかじめ不動産会社や大家さんに相談しておくと安心です。

 

まとめ

 

今回は転勤によってファミリーで引っ越しする場合の準備方法についてご紹介いたしました。

 

転勤は通常の引っ越しと異なり、短期間で準備や手続きを行わなければなりません。

 

一つ作業を忘れてしまうと、違約金など余計なお金がかかってしまうことや、引っ越し後の暮らしに不便が生じてしまうことがあります。

 

忙しい中でもチェックすることを確実にこなし、転勤後のお仕事も頑張りましょう!


センチュリー21ダイチ・コーポレーションは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。

 

こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。

≪ 前へ|家族で充実した休日を過ごそう!地下鉄博物館など雨の日でも楽しめる江戸川区のおでかけスポットご紹介   記事一覧   マンションに入居したら自治会への加入は必須?入らないとどうなるの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る