センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての賃貸物件で防音対策は必要?物件選びと対策をご紹介

一戸建ての賃貸物件で防音対策は必要?物件選びと対策をご紹介

≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?早く連絡してもらう方法も解説   記事一覧   エレベーター横の部屋を賃貸するメリットとは?デメリットもあわせてご紹介|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

一戸建ての賃貸物件で防音対策は必要?物件選びと対策をご紹介

一戸建ての賃貸物件は、マンションやアパートと違って、壁や床が隣人と共有されていないので、音が響きにくいと思われがちです。
そんな一戸建ての賃貸物件でも、防音対策は必要なのでしょうか?
この記事では一戸建て賃貸物件に防音が必要かどうか、防音性の高い一戸建て賃貸物件の選び方や、おすすめの防音対策をご紹介いたします。

一戸建て賃貸物件に防音対策は必要?

一戸建てはマンションやアパートとは異なり、隣人と壁や床を共有していないため、静かだと思われがちです。
しかし壁や床を共有していなくても、隣の敷地の住人と騒音トラブルになる可能性はあります。
また自身が発する騒音だけでなく、隣家や道路からの騒音も懸念されます。
防音対策をしていなければ、周囲からの騒音で落ち着いて暮らせないかもしれません。
そのため一戸建ての賃貸物件であっても、防音対策は重要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件でのアンペア数の確認方法は?変更する際の注意点

防音性能の高い一戸建て賃貸物件選びのコツとは?

では防音性能の高い物件を選ぶ際は、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?
まず注目すべきは、建物の構造です。
とくに鉄筋コンクリート造は隙間ができにくく、壁が厚いので音の伝達が少なくなります。
また壁や窓の構造も重要です。
壁が二重になっている中空二重構造は、壁の間にある空気の層が音の振動を減少させ、防音性を高めてくれます。
さらに二重窓も同様に、外部音を遮断して室内音も漏れにくくしてくれます。

▼この記事も読まれています
近所に商店街があるメリットや魅力を知ってお得に利用しよう!

一戸建て賃貸物件でおすすめの防音対策とは?

最後に一戸建て賃貸物件でおすすめの防音対策をご紹介いたします。
一戸建て賃貸物件でできる対策は、主に「遮音」と「吸音」の2つに分かれます。
遮音とは、外から来る音や中から出る音を遮り、音が伝わらないようにするための対策です。
具体的には遮音材を使って、窓やドアの隙間を埋めたり、防音カーテンや防音シートを取り付けたりします。
もうひとつの吸音とは、出た音を吸音材を使って吸収する対策のことです。
壁や天井に吸音材を取り付けたり、カーペットやラグを敷いたり、防音マットを使うことで音が吸収されるようにします。
また楽器演奏などの趣味で大きな音を出す場合は、防音室を設置することで音をほとんど遮断することができるでしょう。

▼この記事も読まれています
タイル張りのお風呂場での寒さ対策をご紹介!

まとめ

一戸建て賃貸物件でも、周囲との騒音トラブルが発生する可能性があるため、防音対策は必要です。
カーペットやラグを敷く、ドアや窓に防音シートを貼るなど、遮音と吸音を効果的に使って防音対策をおこないましょう。
また防音性の高い物件を選ぶ際は、建物の構造や壁・床・窓の種類をチェックしておくのがおすすめです。
葛西駅の賃貸はセンチュリー21ダイチ・コーポレーションへ。
仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談ください。


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?早く連絡してもらう方法も解説   記事一覧   エレベーター横の部屋を賃貸するメリットとは?デメリットもあわせてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


サンライズハイツ2

サンライズハイツ2の画像

賃料
6.6万円
種別
アパート
住所
東京都江戸川区東葛西5丁目
交通
葛西駅
徒歩8分

アークホームズ

アークホームズの画像

賃料
9万円
種別
マンション
住所
東京都江戸川区南葛西2丁目
交通
葛西駅
徒歩16分

第一マルゴハイツ

第一マルゴハイツの画像

賃料
4.8万円
種別
アパート
住所
東京都江戸川区中葛西8丁目
交通
葛西駅
徒歩8分

APOLLO

APOLLOの画像

賃料
20万円
種別
マンション
住所
東京都江戸川区一之江8丁目
交通
一之江駅
徒歩1分

トップへ戻る