センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のキッチンに錆が発生!知っておきたい原因や取り方をご紹介!

賃貸物件のキッチンに錆が発生!知っておきたい原因や取り方をご紹介!

≪ 前へ|夏季休暇のご案内   記事一覧   賃貸物件の電子契約とは?メリットやデメリットをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件のキッチンに錆が発生!知っておきたい原因や取り方をご紹介!

キッチンを毎日のように使っていると、シンクに錆が発生することも少なくありません。
持ち家でのことならとくに問題はありませんが、賃貸物件ではシンクの錆が原因でトラブルになることもあるので注意が必要です。
今回は、キッチンのシンクに錆が発生する原因のほか、ついてしまったものの取り方もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のキッチンに錆が発生する原因

キッチンのシンクに錆が発生する原因には、汚れを招きやすいものを流しに長時間置いておくことがあげられます。
シンクの錆を招きやすいのは、たとえば鉄製の調理器具・空き缶・ヘアピンなどです。
基本的に水気の多いシンクにこれらのものを長時間置いていると、鉄分などが溶け出して錆を発生させてしまうのです。
すでに錆びている鍋などを長く置いていると、錆がシンクに移ることもよくあります。
一度ついた錆は、中性洗剤とスポンジを使ってこする程度ではなかなか落ちません。
頑固な汚れが原因で家主とトラブルにならないためにも、賃貸物件ではシンクに長時間物を置くのは避け、洗い物はできるだけ速やかに済ませてください。
なお、何も置いていないのに錆が何度も発生する場合、シンクのコーティングがはがれている可能性もあります。
キッチンの設備が古いときには、コーティングの状態にも注意しておきましょう。

賃貸物件のキッチンに発生した錆の取り方

キッチンのシンクについた錆には、メラミンスポンジが有効です。
メラミンスポンジには洗剤が含まれており、軽く濡らしてこするだけでも頑固な汚れを落とせます。
メラミンスポンジは100円均一ショップなどでも売られているので、一度使ってみると良いでしょう。
マイルドタイプのクレンザーをかけてこするのも、シンクに発生した錆の取り方のひとつです。
クレンザーには研磨剤が含まれているため、頑固な汚れもきれいに落とせることがあります。
ただし、賃貸物件のシンクを傷つける可能性もあるため、マイルドタイプのクレンザーを選んだうえで、流しの目に沿って優しくこすることを意識してください。
このほか、重曹とクエン酸を使う方法でも頑固な錆を落とせることがあります。
まずシンクの錆に重曹をかけて少し時間を置いてからスポンジでこすったのち、水に溶いたクエン酸をふりかけます。
泡だった重曹を少し放置してから拭き取ると、きれいなシンクに戻る可能性があります。

まとめ

キッチンのシンクに鉄製の調理器具や空き缶などを長時間置いていると、溶け出した成分が錆を招くことがあります。
発生してしまった錆に対しては、メラミンスポンジやクレンザーなどが有効です。
賃貸物件で家主と揉めないためにも、このような錆の原因や取り方はしっかり押さえておくと良いでしょう。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。
仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|夏季休暇のご案内   記事一覧   賃貸物件の電子契約とは?メリットやデメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る