センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で対面式キッチンを選ぶメリットと種類をご紹介

賃貸物件で対面式キッチンを選ぶメリットと種類をご紹介

≪ 前へ|賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備?使用上のポイントもチェック!   記事一覧   シャワーの水圧が弱い場合の原因と対策は?|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件で対面式キッチンを選ぶメリットと種類をご紹介

理想の賃貸物件を選ぶため、台所の種類に注目してみましょう。
台所の種類で人気があるのは、対面式キッチンです。
どのようなメリットがあるのか、どんなタイプがあるのかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

対面式キッチンの種類

賃貸物件で対面式キッチンを選ぶなら、対面キッチンの種類を比較してみましょう。
対面式キッチンは大きく分けて、3タイプあります。
アイランド・ペニンシュラ・I型の3タイプです。
壁から台所を離した状態の対面式キッチンは、アイランド型です。
島のように独立した形で、開放感のある作りが魅力でしょう。
台所を取り囲むように作業できるため、複数人での調理に便利なタイプです。
家族みんなで台所に集まり調理するなら、アイランド型がおすすめです。
ペニンシュラとは、半島という意味があります。
片側の壁のみに隣接されており、アイランド型の良さと手元が隠れやすいのが特徴です。
一部が壁に隣接していることで、調理中や食事中でも台所内のものが雑然としにくい特徴があります。
開放感を求めながら、手元は隠したい場合におすすめです。
また、I型はシンク・コンロ・調理台が一列になった台所のことです。
アイランドやペニンシュラでも採用されている場合がります。
コンロやシンクを分けたいときは、対面した部分にそれぞれ設置したタイプがおすすめですが、賃貸物件ではスペースの関係から採用しているところは少ないでしょう。

対面式キッチンのメリット

賃貸物件で対面式キッチンを選ぶと、多数のメリットが得られます。
メリットとしては、コミュニケーションの取りやすさ、開放感、作業のしやすさです。
対面式は調理中にリビングが見渡せるため、家族とのコミュニケーションが取りやすいでしょう。
会話をしながら調理したい方におすすめです。
一人暮らしの場合は、テレビを見ながら調理できる特徴があります。
また、開放感の良さは対面式キッチンのメリットのひとつです。
壁で覆われていないため、台所とリビングが1つの空間になります。
一人暮らし向け賃貸物件だと広さが限られますが、対面式なら壁による圧迫感が少なく、開放感が得られるでしょう。
ほかにも配膳しやすいなどのメリットもあります。
とくにアイランドキッチンのように周りに人が立てる場合では、数人での作業が楽です。
手元を隠したい場合は、I型を採用して手元が隠れるカウンターがある台所を選べばいいでしょう。

まとめ

賃貸物件で対面キッチンを選ぶと、毎日の調理が楽しくなります。
一人暮らしであまり調理をしない方でも、対面タイプなら部屋が広々と見えやすいため、開放的な空間になるでしょう。
幅広い種類がありますが、賃貸物件ではI形が多く見られます。
自分好みの台所を選べるよう、複数の賃貸物件を比較してみてください。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。
仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備?使用上のポイントもチェック!   記事一覧   シャワーの水圧が弱い場合の原因と対策は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る