センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸不動産を借りる際の重要事項説明とは?注意点も解説!

賃貸不動産を借りる際の重要事項説明とは?注意点も解説!

≪ 前へ|あたらしいラーメン屋さん   記事一覧   賃貸物件を退去する時に行う「原状回復」の範囲はどこまで?|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸不動産を借りる際に「重要事項説明」を受けたことはありませんか?


重要事項説明は部屋を貸す場合に必要となる業務ですので、賃貸契約をした方は聞いたことがあるでしょう。


しかし、その場で聞いただけで理解できる方は少ないかもしれません。


今回は、「そもそも重要事項説明とは?」という解説から、この説明を受ける際の注意点までをご紹介していきます。


賃貸


賃貸不動産を借りる際の重要事項説明とは?


重要事項説明書とは、賃貸契約書に書いてある内容を噛み砕いて、チェック表に編集し直した書類のことを指します。


重要事項説明はこの用紙を用いて、契約内容を確認することです。


こちらの業務は「宅地建物取引士」という資格を持った人でないと担当することができず、説明の前に資格を持っているかどうかの確認を必ず行います。


重要事項説明書に載っている内容は具体的に


・宅地建物取引士の名前

・賃貸物件の名称、住所など

・登記簿の記載事項

・水道、電気、ガスの整備状況

・工事が完了した際の形状など(新築の場合のみ)

・物件内の設備について(台所、便所など)

・防災地区に登録されているか(造成宅地、土砂災害、津波)

・アスベストや耐震について

・契約金、敷金、礼金

・違約金

・契約期間や更新について

・賃貸物件の使い方について

・管理会社について


となっています。


かなり内容が多いように感じますが、契約書の内容を簡単にまとめるとこのように集約されるのです。


重要事項説明は賃貸契約をする際の必須業務ですので、怠った場合は不動産会社に罰則が科せられます。


賃貸不動産を借りる際の重要事項説明に関する注意点


重要事項説明に関する注意点をご紹介します。


<注意点1それぞれの項目を自分の目で確認


当たり前のことですが、物件に住む前の最終確認として行っている業務ですので、内容が合っているかどうかを確かめましょう。


項目が多く、大変な作業ですが、万が一記載事項に不備があった場合はトラブルになりかねません。


<注意点2ガスについての確認は見逃しやすい


生活インフラの確認もこの書類に記載されていますが、見落としがちなのがガスに関する項目です。


都市ガスなのか、プロパンなのかで基本料金や料金プランが変わってきますので、漏らさず確認しましょう。


<注意点3お金に関する事項


不動産の賃貸契約で一番トラブルになりやすいのが、退去時のお金の問題です。


重要事項説明では契約金をはじめ、敷金、礼金、仲介手数料なども項目に挙がっていますので、確認を怠らないようにしましょう。


契約解除の際の清算に不満があっても、賃貸契約時に説明を受けていると判断されますので、不明な内容があればきちんと聞いておくのがベストです。


まとめ


重要事項説明は項目が多いので、その場ですべて理解し、確認も漏らさないのは大変です。


賃貸不動産を借りる際に必ず直面する手続きですので、事前に理解しておくと安心です。


物件を借りる際は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、江戸川区の賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|あたらしいラーメン屋さん   記事一覧   賃貸物件を退去する時に行う「原状回復」の範囲はどこまで?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る