センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 新築の賃貸物件に住むメリットとデメリットは?上手な探し方のコツとは?

新築の賃貸物件に住むメリットとデメリットは?上手な探し方のコツとは?

≪ 前へ|家賃のクレジット決済。。。   記事一覧   スタッフ紹介 【藤本 慶枝】 |次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件を探す場合、新築物件にこだわりたいという方も少なくないでしょう。

 

新築物件にはメリットが多いですが、隠れたデメリットもあります。

 

今回は賃貸物件を探している方に向けて、新築物件のメリット・デメリット、好みの物件の探し方について紹介します。


新築賃貸に住むメリット・デメリット


人気の新築の賃貸物件が持つメリットとデメリットは?

 

賃貸の新築物件には、魅力的なメリットがたくさんあります。

 

まず、「新しい」というところが新築の最大のメリットでしょう。

 

賃貸でもピカピカで綺麗な外観、使用感のない部屋に住めるといったメリットが得られるのは、新築物件ならではです。

 

誰も住んだことのない部屋なので、経年劣化による壁や設備の痛みや、先住者のつけた傷などを気にする必要もありません。

 

さらに、新築物件は設備も最新のものが整っていることが多いです。

 

人気の浴室乾燥機や宅配ボックスなど、設備にこだわりたい方や防犯性の高い物件に住みたい方にはおすすめです。

 

一方で、新築物件にもデメリットは存在します。

 

まずは、家賃が割高になりやすい、という点です。

 

同じエリアや設備、駅からの距離であっても、新築物件は家賃が高くなってしまいます。

 

また、シックハウス症候群や結露など、新しい物件ならでは被害が出ることがあります。

 

どちらも時間の経過とともにやわらいでいくものですが、新築物件に住む場合は要注意です。

 

特に、アレルギー体質の方は注意が必要ですね。

 

さらに、工事中に契約となった場合は、実際に住んでみるとイメージが違うこともあるので、気を付けましょう。

 

新築物件はメリットたくさん!好みや条件に合う賃貸物件の探し方

 

好みや条件に合う新築物件は、どのように探せばいいのでしょうか。

 

新築物件の効率的な探し方としておすすめなのは、やはり不動産会社の検索サイトなどでしょう。

 

新築物件の「新しさ」に惹かれている方は、新築だけでなく、築浅も選択肢に入れると対象物件がかなり広がります。

 

先ほどデメリットにも挙げた、工事中の物件の場合はなるべく入居後のイメージをつかみやすいようにチェックしておくことが必要です。

 

工事中で部屋の内見せずに契約することは、できれば避けたいところです。

 

しかし、人気物件で完成前に部屋が埋まってしまうなどの場合は、なるべく現地に足を運んで日当たりや近隣環境などは確認しておくと安心でしょう。

 

また、どうしても家賃や条件に合った物件がないという場合は、探し方を思い切って変えてみましょう。

 

新築にメリットを感じている部分、たとえば設備や防犯性などは築年数が多少長くてもクリアできることがあります。

 

希望の新築物件が見つからないときは、視野を広げて検討してみましょう。

 

内装の新しさにこだわりたい方は、近年増えているリノベーション物件もおすすめです。

 

まとめ

 

今回は賃貸物件を探している方に向けて、新築物件のメリット・デメリット、好みの物件の探し方について紹介しました。

 

新築物件の最大の魅力は「新しさ」ですが、家賃などのハードルも高いです。

 

入居後、満足して暮らせることを第一に、広い視野で探すことが大切ですね。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。

 

仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談下さい

≪ 前へ|家賃のクレジット決済。。。   記事一覧   スタッフ紹介 【藤本 慶枝】 |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る