センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における角部屋のメリットやデメリットについて解説

賃貸物件における角部屋のメリットやデメリットについて解説

≪ 前へ|高齢者が賃貸借契約をする際の注意点についてのご説明   記事一覧   賃貸物件で喫煙をすると原状回復が必要?タバコを吸う場合の対策も解説|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件における角部屋のメリットやデメリットについて解説

現在賃貸物件を探している方のなかには、特に部屋の位置に重点を置いて探されている方もいると思います。
角部屋はどの物件のなかでも人気の部屋で空きが出ると部屋がすぐに埋まってしまいます。
今回は角部屋に住んだ場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における角部屋のメリットについて

まず、角部屋に住むことで感じられるメリットについて解説します。

騒音問題に悩まされることが少ない

賃貸物件に住んでいると少なくとも直面するであろう騒音問題ですが、角部屋だとその心配が少なくなります。
隣り合う部屋が通常の部屋と比較して少ないため騒音もあまり気にしないで済みます。
特に隣の部屋の生活音に敏感な方は角部屋を選んだほうが安心して暮らせます。

外を向いているため開放感がある

物件の角にある部屋なので室内に複数の窓があることが多いです。
そのため採光や通気性も良く、開放感のある暮らしができます。

風通しが良いので爽やかに過ごせる

複数窓があることで空気のとおりが効率的です。
晴れた日には窓を開放しておくだけで部屋全体の空気が一掃され気持ちの良い一日が過ごせます。

賃貸物件における角部屋のデメリットについて

次に住んでいてデメリットに感じてしまうポイントをご紹介します。

外気の影響を受けやすい

窓が複数あることは採光や通気性にとって良いことですが、その反面外気の影響を受けやすくなります。
夏は暑く冬が寒いといったことがあり、通常の部屋より冷暖房の使用頻度が上がる可能性があります。
光熱費などを抑えて暮らしたい方にとっては大きなデメリットと言えます。

家賃が高いケースが多い

角部屋は賃貸物件のなかでも人気の場所です。
くわえて部屋の場所がもたらすメリットが大きいため家賃が高く設定されていることが多いです。
特に家賃に重視して賃貸物件を探している方にとってはデメリットに感じてしまうポイントです。

家具の配置がしづらいことがある

窓が複数ある部屋が多いため、通常の部屋に比べて壁の数が少なくなっています。
家具の配置の幅が制限されたり、置きたい家具を置けなかったりインテリアに関する工夫が大変に感じることがあります。

まとめ

賃貸物件における角部屋は長く暮らす環境としては採光も通気性も良いため気持ちよく生活ができます。
その反面、外気や費用面などデメリットに感じる点もいくつかあるため自分の生活様式に合っているかどうかをまず判断しましょう。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。
こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。

お問合せはこちらから



【追記】

角部屋のあれこれは是非、あの岩崎に聞いてみてください!!

≪ 前へ|高齢者が賃貸借契約をする際の注意点についてのご説明   記事一覧   賃貸物件で喫煙をすると原状回復が必要?タバコを吸う場合の対策も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る