センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で消防設備点検は受けないとだめ?

賃貸物件で消防設備点検は受けないとだめ?

≪ 前へ|賃貸物件を契約する前に確認したい「善管注意義務」とは   記事一覧   あけましておめでとうございます|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件で消防設備点検は受けないとだめ?

賃貸物件で暮らしていると、定期的に消防点検の知らせを受けます。
立ち合いの点検の場合、仕事の都合や、室内に部外者を入れたくない理由で拒否することもあるのではないでしょうか。
今回はそんな消防設備点検の種類と、点検を受けないとどうなるのかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件での消防設備点検の種類

消防設備の点検には、機器点検と総合点検の2種類があります。

機器点検とは

消防に必要な機器の適切な配置、損傷の有無、有効期限などを外観で点検します。
具体的には、消火器/屋内消火栓/非常ベル/自動火災報知設備/スプリンクラー/避難はしごなどの有無を確認します。
主に共用部分がチェックされ、室内への立ち入り点検はありません。
点検頻度は6カ月に1回となります。

総合点検とは

機器点検対象の設備を含め、すべての機器、装置が正常に作動するかを点検します。
室内の設備の作動点検も行われるため、入居者の立ち合いが必要です。
入居者不在では室内に入れないため、都合の悪い場合は後日改めてということになりますが、賃貸物件の規模によっては再点検ができない場合もあります。
点検内容としては、消防機器を実際作動させたり、検知させたりして点検するほか、避難経路に配置の機器の開閉、開放ができるか、などを確認します。
点検頻度は1年に1回。

賃貸物件の消防設備点検は大家の義務であり入居者も協力を!

賃貸物件やマンションはその規模によって、消防設備設置の義務が発生します。
その大家さんや管理者は、点検結果をその地域を管轄する消防署に報告する義務があります。
そして、消火設備全般における点検を怠り、不備を放置したままだと防火管理上の義務違反として、大家さんなどが刑事責任を問われることもあります。
では入居者は、点検拒否をしても責任は大家さんがとるからいいのか、というとそうではありません。
点検拒否を繰り返し、自分の部屋で火災が発生、他の部屋に延焼した場合、どうなるでしょう。
この場合、仮に機器が正常に作動していたとしても過失に問われる可能性があります。
さらに、機器が正常に作動しなかったことが延焼の原因であれば、重過失となり入居者に損害賠償責任が生じる可能性が高くなります。
死傷者が出れば、さらに責任が問われます。
また、入居者による点検拒否は、規約違反になることもあるので注意です。
消防点検は管理のために必要なもので、国のガイドラインでも点検の義務と、入居者はそれを不当に拒否できないことが定められています。
正当な理由なしに点検を断り続ければ、退去勧告にまで発展しかねません。

まとめ

特に賃貸物件やマンションは、たくさんの世帯が建物を共有しています。
面倒だから、部屋に入れたくないから、というような理由で拒否する前に、誰の、何のための点検なのかをしっかり認識しましょう。
消防設備の不備により自分の命の危険が、まわりの人にも波及する可能性を考えれば、無責任に拒否できません。
何よりも命が大切で、それを守るために消防設備点検は必ず受けましょう。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。
こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。

≪ 前へ|賃貸物件を契約する前に確認したい「善管注意義務」とは   記事一覧   あけましておめでとうございます|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


サンライズハイツ2

サンライズハイツ2の画像

賃料
6.6万円
種別
アパート
住所
東京都江戸川区東葛西5丁目
交通
葛西駅
徒歩8分

アークホームズ

アークホームズの画像

賃料
9万円
種別
マンション
住所
東京都江戸川区南葛西2丁目
交通
葛西駅
徒歩16分

第一マルゴハイツ

第一マルゴハイツの画像

賃料
4.8万円
種別
アパート
住所
東京都江戸川区中葛西8丁目
交通
葛西駅
徒歩8分

APOLLO

APOLLOの画像

賃料
20万円
種別
マンション
住所
東京都江戸川区一之江8丁目
交通
一之江駅
徒歩1分

トップへ戻る