センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅の電波が悪い原因と対処法について解説!

賃貸住宅の電波が悪い原因と対処法について解説!

≪ 前へ|シャワーの水圧が弱い場合の原因と対策は?   記事一覧   年末年始のお休みのお知らせ|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸住宅の電波が悪い原因と対処法について解説!

賃貸住宅に住み始めて、インターネットに接続しようと思ったら、なぜか電波が悪いという状況がおきる場合があります。
現代社会において、電波が悪い状況は、日常生活に支障が出てしまうくらい、かなり戸惑い困る方が多いと思います。
ここでは、そのような状況でお困りの方に向けて、電波が悪い原因と対処法について、簡単にまとめましたので、ぜひチェックしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸住宅の電波が悪い原因は?

賃貸住宅の電波が悪い場合、主に以下のような原因が考えられます。

●建物の構造によって電波が届きにくい
電波はコンクリートなどの遮蔽物による影響を受けやすく、高層階に住んでいる場合、電波が届きにくいことがあります。
また、窓がなくて、四方が鉄筋コンクリートで覆われてしまっている部屋も電波が届きにくいことがあります。

●電波が悪かったり複数の電波が入り混じっている場所である
山奥などに建てられている建物の場合、電波が届きにくいことがあります。
複数の電波が入り混じっている場合では、途中で回線が切り替わることにより、とぎれとぎれの状態になります。
ほかにも、賃貸住宅が原因ではなく、スマートフォンなどの機械の不具合により、電波が届かないこともあります。

賃貸住宅の電波が悪い場合の対処法は?

賃貸住宅の電波が悪い場合、以下のような対処法を試してみてください。

●窓を開けてみる
マンションやアパートなどの鉄筋コンクリートの建物である場合、窓を開けてみると電波が回復することがあります。

●無線機器を利用してみる
大手通信キャリアと契約している場合、キャリアが提供している「フェムトセル」という無料の無線機器を借りることができます。
これを利用すると、電波を受信しやすくなります。

●契約しているキャリアを変更してみる
それぞれの通信キャリアにより、最寄りの基地局の位置や使用周波数が異なるため、他社の回線に変更してみることで、電波が良くなることがあります。

●電波を改善するアプリを利用してみる
効率的に電波を受信できるようにしてくれる「電波改善アプリ」を利用してみると、スムーズに電波を受信できるようになり、電波が改善されることがあります。

まとめ

賃貸住宅で電波が悪い場合、建物の構造や場所などが主な原因です。
対処法としては、窓を開けてみたり、無線機器の利用、契約キャリアの変更、電波を改善するアプリなどを利用するという方法があるため、いろいろと試してみて、快適に過ごせるようになると良いですね。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、江戸川区の賃貸物件を豊富に取り揃えております。
ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|シャワーの水圧が弱い場合の原因と対策は?   記事一覧   年末年始のお休みのお知らせ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー   最新記事



ハッピー  

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る