センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 50代での一人暮らし!賃貸物件の選び方や生活費の節約方法とは

50代での一人暮らし!賃貸物件の選び方や生活費の節約方法とは

≪ 前へ|賃貸のリビングに本棚を置くメリットデメリットとは?   記事一覧   地方の賃貸物件で一人暮らし!そのメリットとデメリットとは|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

50代での一人暮らし!賃貸物件の選び方や生活費の節約方法とは

50代を迎えてライフスタイルに変化があり、賃貸物件で一人暮らしを始める方もいらっしゃいます。
このとき、毎日快適に暮らせるのはもちろんのこと、老後のための蓄えも作るにはどのような賃貸物件がよいかで悩む方が多いです。
そこで今回は、50代で一人暮らしをする際の賃貸物件の選び方を、生活費の節約方法とあわせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

50代での一人暮らし!賃貸物件の選び方はどうすべき?

毎日快適に生活できるよう、50代の方にも十分な広さのある物件はおすすめです。
ただし、将来の蓄えも作りたいなら、不必要に広い物件は避けることも大事です。
どれだけの広さが最適かは個人差が大きいものの、一般的には1R・1K・1DKなどがよくおすすめされます。
1Rはキッチン付きの居間が1つあるだけのシンプルな間取りで、家賃が安いのが大きな特徴です。
必要最低限の部屋でコンパクトに生活でき、家賃の安さから将来の蓄えを作りやすいです。
1Kは独立したキッチンと居間が1部屋ずつあるシンプルな間取りであり、一人暮らしには向いています。
1Rと同じく家賃が安めで将来の蓄えを作りやすいほか、独立したキッチンのおかげで自炊がしやすく、より快適に暮らせます。
1DKはダイニングキッチンと居間が1部屋ずつある間取りで、家賃はやや高めです。
その代わりに荷物が少し多くても室内にうまく収まりやすく、広めのお部屋でのびのびと暮らせるうえ、寝室や趣味の部屋などの専用スペースを1つ作れます。
予算やライフスタイルをふまえ、これらのなかでお好きな物件を選ぶと、50代の方の一人暮らしもしやすいでしょう。

50代で賃貸物件での一人暮らし!生活費の節約方法とは

賃貸物件で一人暮らしを送るうえで、家計を切り詰めたいなら毎月の固定費を抑えることが大切です。
たとえば50代の方なら、新聞の定期購読を一度見直すとよいでしょう。
毎日熱心に読む方はよいものの、そうではない方は一人暮らしを機に解約することも一度ご検討ください。
そのほかにも、あまり利用していないスポーツジムや、付き合いで入っている保険など、必要性の低いものは利用を見直すのがおすすめです。
生活に欠かせない出費でも、その金額には改善の余地がよく見つかります。
たとえばスマホ代を完全になくすのは難しいものの、利用方法やプランを見直して出費を抑えられることは多いです。
このように家計を見直すためにも、どのような形でもよいので家計簿をぜひつけてみてください。
日々の出費の記録をつけると、必要なものと無駄なものを見分けやすく、生活費を節約しやすいです。

まとめ

50代を迎えて賃貸物件で一人暮らしをする際には、広すぎず、狭すぎない最適な間取りを選ぶのがおすすめです。
そのうえで生活費を可能な限り抑えられるよう、家計簿をつけつつ、固定費に不要なものがないか見直してみてください。
市川市でのお部屋探しなら、センチュリー21ダイチ・コーポレーションお任せください。
市川市以外にも、江戸川区葛西エリアの賃貸物件なども種類豊富に取り扱っておりますので、お引っ越しの際は当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸のリビングに本棚を置くメリットデメリットとは?   記事一覧   地方の賃貸物件で一人暮らし!そのメリットとデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る