センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での一人暮らし!お風呂の追い焚き機能の必要性やメリットを解説

賃貸物件での一人暮らし!お風呂の追い焚き機能の必要性やメリットを解説

≪ 前へ|風呂なし賃貸物件への入居を検討している方へ!メリットもあるって本当?   記事一覧   住む場所を探しているなら必見!リロケーションの賃貸物件とは|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件での一人暮らし!お風呂の追い焚き機能の必要性やメリットを解説

さまざまな機器が備わっている物件は一般的に人気ですが、家賃は総じて上がりやすいため、各備え付けの機器の必要性やメリットは入居前に一度考えておくことが大切です。
ここでは、一人暮らしをする際に悩みやすいお風呂の追い焚き機能について、その必要性やメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件での一人暮らし!お風呂の追い焚き機能の必要性とは

一人暮らしで追い焚き機能が必要かどうかは、入居者の好みやライフスタイルのほか、居住地の特徴によっても変わります。

必要性が高い方とは

一人暮らしでも追い焚き機能を必要とする方は、以下の通りです。

●入浴を楽しんでいる
●湯船にゆっくりと浸かりたい
●居住地エリアが寒い
●泊まりの来客が多い
●光熱費の節約に熱心


入浴は体の汚れを落とすだけではなく、精神的なリラックスにもつながるとして好まれています。
毎日の入浴が楽しみであり、シャワーを浴びるほかに湯船にも浸かりたい方は、一人暮らしでも追い焚き機能を使用する機会が多いでしょう。
そのほか、居住地エリアが寒い、泊まりの来客が多いなど、入浴時に湯船の温度を調節できたほうがよい方にもおすすめです。

必要性が低い方とは

以下のような方では、追い焚き機能を使用しないことが多いです。

●入浴はシャワーのみ
●長湯しない
●居住地周辺が暖かい
●家賃を抑えたい


一人暮らしでは珍しくない、シャワー派の方や長湯しない方など、湯船の温度調節機能がなくとも特に困りません。
そのほか、居住地周辺が暖かくて湯船があまり必要ない方や、賃貸物件の設備を極力減らして家賃を抑えたい方にも、どちらかといえば不要な機能です。

賃貸物件での一人暮らしに役立つ?お風呂の追い焚き機能のメリット

追い焚き機能があると、入浴中にこまめに足し湯をせずとも、湯船の温度を一定に保てます。
寒い地域や季節でも入浴中に湯冷めすることなく、ゆっくりと体を温められる点は大きなメリットです。
また、追い焚き機能があれば長いバスタイムを快適に楽しめます。
熱め・ぬるめといった微調節が簡単であり、理想的な温度の湯船に好きなだけ入れてしっかりとリラックスできるでしょう。
入浴中に何度も足し湯をするとガス代がかさみやすいものの、追い焚き機能があれば経済的であり、費用をあまり気にせず入浴できます。
さらに、湯船が少し冷めても簡単に元の温度へ戻せるので、お風呂を沸かしてからすぐに入る必要がなく、仕事などで忙しい方には便利です。
そのほか、追い焚きできるお風呂には、自動で足し湯をする便利な機能などが付属している種類もあり、より快適に入浴できます。

まとめ

必要性はケースバイケースであるものの、一人暮らしでも毎日のように追い焚き機能を使用する方はいらっしゃいます。
湯船の温度調節がしやすく、快適に入浴できるなど便利なので、必要な方はこの設備のある賃貸物件を探してみるとよいでしょう。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、一人暮らし向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。
こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|風呂なし賃貸物件への入居を検討している方へ!メリットもあるって本当?   記事一覧   住む場所を探しているなら必見!リロケーションの賃貸物件とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る