センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でもできる壁のプチ改装とは?注意点ややりかたをチェック!

賃貸物件でもできる壁のプチ改装とは?注意点ややりかたをチェック!

≪ 前へ|新しい習い事を始めるなら!葛西地区でオススメの音楽教室2つをご紹介   記事一覧   妙典駅より徒歩5分でアクセスできる!人気の神社2選|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件でもできる壁のプチ改装とは?注意点ややりかたをチェック!

「お部屋を自分好みにDIYしたいけど、賃貸物件だから無理…」とあきらめていませんか?
賃貸物件でも注意点に気を付ければ、ちょっとしたDIYによるリノベーションが可能なのです。
そこで今回は、賃貸物件のDIYの中でも今人気の「壁」に注目し、おすすめの「壁のプチ改装」について注意点ややりかたについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で「壁のプチ改装」をする際の注意点とは?

賃貸物件で壁プチ改装やDIYを行う場合は、やはり注意点があります。

原状回復できる範囲で行う

基本的に、賃貸物件には「原状回復の義務」があります。
つまり、退去時にはある程度入居時の状態に戻すことが出来なければならないのですが、この点は賃貸物件でDIYや改装を行う際の大きな注意点といえます。
壁に深い穴を開けたりもともと貼ってある壁紙を剥がして別の物を貼ったりといったように元の形を損ねるような改装は避けるようにしましょう。

どこまで可能か不動産会社や大家さんに相談してみる

どこまでであれば手を入れても大丈夫なのか心配な場合は、不動産会社や大家さんなどに確認を取っておいたほうが良いでしょう。
物件によっては小さな穴でも不可の場合や、案外自由に改装してもOKな場合もあります。

賃貸物件の「壁のプチ改装」の具体的なやりかたとは?

それでは原状回復可能な範囲でできる、賃貸物件の「壁のプチリフォーム方法」をいくつかご紹介します。

貼ってはがせる壁紙を使用する

壁の一面部分を色や柄のある壁紙に変えるといったアクセントクロスは今とても人気ですが、貼ってはがせる壁紙を使えば、元の壁紙の上から気軽に貼って使うことができます。

マスキングテープを利用する

既存の壁紙の上に幅広のマスキングテープを貼ってデコレーションしたり、マスキングテープを下地として利用し、その上に好みの壁紙を貼ったりといったやりかたもあります。

ウォールステッカーを貼る

最近はウォールステッカーの種類も増え、スイッチ回りに貼るポイント的な小さなものから壁一面に貼れるような大きなものまで、とても種類が豊富です。
壁面に置いた家具などとコーディネートして貼るのもお洒落ですよ。

ボード類を活用する

壁面に有孔ボードやペイントした板などを設置するといったやりかたもあります。
その場合、貼って剥がせる幅広又は強力な両面テープを利用して設置すると良いでしょう。

突っ張り式の柱を利用する

最近注目されているのが、「ディアウォール」や「ラブリコ」といった突っ張り式の柱です。
突っ張り棒と同じ原理で固定するので、壁などを傷つける心配がありません。
壁面に柱を設置しておしゃれなフックやディスプレイ棚を取り付けたり、複数本利用して壁面収納なども作ったりすることができますよ。

まとめ

賃貸物件でもできる、「壁のプチ改装」についてご紹介しました。
注意点をきちんと押さえておけば、意外と幅広い方法でリノベーション気分を味わうことができます。
毎日長い時間を過ごすお家だからこそ、プチ改装で居心地の良い空間を手に入れてみるのも楽しいですよ。
センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。
こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新しい習い事を始めるなら!葛西地区でオススメの音楽教室2つをご紹介   記事一覧   妙典駅より徒歩5分でアクセスできる!人気の神社2選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る