センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件への引越しで子育てファミリーが気をつけるポイントは?

賃貸物件への引越しで子育てファミリーが気をつけるポイントは?

≪ 前へ|2019年・年末年始【江戸川区の休日急病診療、施設休館のお知らせ】   記事一覧   今年1年ありがとうございました。|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

子連れでの引越し、なにかと心配な事が多いですよね。

 

子育てファミリーが引越しする場合、子育てしやすいエリアや物件を慎重に選ぶ必要があります。

 

今回は、子育てファミリーが引越しの際に気をつけるべきポイントや物件の選び方、家賃補助制度についてご紹介します。


子育てファミリーの引越し!子育てしやすい賃貸物件や街の選び方

 

子育てファミリーの引越し!子育てしやすい賃貸物件や街の選び方

 

子どもにとって住みやすいエリアなのかを知るためには、何をチェックすれば良いのでしょうか。

 

まずは学校や幼稚園・保育園などの教育施設が充実していること、そして通う予定の学校の評判や、保育園の場合は入りやすさなどをチェックしておくと良いでしょう。

 

小児科や皮膚科、耳鼻科などの病院が近くにあるかどうかも、病気や怪我がつきものの子育てファミリーにとっては確認しておきたいポイントです。

 

住みたい賃貸物件が決まったら、周辺の街を実際に歩いて見ると良いでしょう。

 

歩道の広さやベビーカーでの歩きやすさ、交通量の多さ、買い物環境などは実際に歩いてみるとよく分かります。

 

子育て支援センターや通いやすい公園が近くにあるかもチェックしておくと良いですね。

 

次に子育てしやすい物件の選び方を紹介します。

 

子どもが小さいと、夜泣きや騒ぎ声が近所迷惑にならないか気になりますよね。

 

その場合はマンションの1階や防音性の高い物件を選んだり、同じような世代の子育てファミリーが多い物件を探すのも良いでしょう。

 

また子どものケガを防ぐために、賃貸物件の室内に危険な段差がないか、入口や周辺に危険な箇所がないかも事前に確認することをおすすめします。

 

子育てファミリーの引越し!賃貸物件の家賃補助制度について

 

子育て中は、将来の教育資金やマイホームへの貯金などが必要で、なるべく支出は抑えたいというファミリーが多いでしょう。

 

子育て環境の良いエリアは人気が高く、賃貸物件の家賃相場も高めです。

 

「希望の賃貸物件には手が出ない」、「家賃は節約したい」、そんな場合におすすめなのが家賃補助制度です。

 

子育てファミリーへの家賃補助制度は、住む予定の市区町村によって異なりますが、収入や家族構成などの条件によって家賃や引越し代金に一定の補助が受けられます。

 

自治体が実施している家賃補助制度は、常に募集しているわけではなく年に数回限定なので、応募者が多くなります。

 

また、特定優良賃貸住宅という子育てファミリー向けの賃貸住宅を選択すれば、周辺の家賃相場よりも安く借りることができます。

 

そのほかUR賃貸住宅でもファミリー向けの家賃補助制度を行なっています。

 

まとめ

 

今回は子育てファミリーが引越しの際に気をつけるべきポイントや物件の選び方、家賃補助制度について紹介しました。

 

子育てファミリーが賃貸物件を選ぶ際は、周辺エリアが子どもにとって良い環境なのか、その部屋が住みやすい物件なのかを入念にチェックすることが大事になります。

 

また、今回紹介した家賃補助制度は自治体によって条件や補助額が異なるので、利用を検討する場合は事前に確認しておきましょう。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。

 

仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談下さい

≪ 前へ|2019年・年末年始【江戸川区の休日急病診療、施設休館のお知らせ】   記事一覧   今年1年ありがとうございました。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る