センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 気になる壁紙の汚れの掃除方法!頑固な汚れはセスキ炭酸ソーダ!

気になる壁紙の汚れの掃除方法!頑固な汚れはセスキ炭酸ソーダ!

≪ 前へ|葛西地区で美味しいと評判の食パン専門店2店を紹介!   記事一覧   家族で充実した休日を過ごそう!地下鉄博物館など雨の日でも楽しめる江戸川区のおでかけスポットご紹介|次へ ≫
カテゴリ:雑記

住み始めたころは真っ白だった壁紙も、生活していくうちに気になる汚れがついてしまうこともあります。

 

お子様のいる家庭では手の汚れやいたずら書きなども多く、賃貸では気になってしまいます。

 

今回は賃貸物件を探している方に向けて、壁紙の汚れの掃除の仕方を紹介します。


壁紙の汚れを落とす掃除方法


気になる壁紙の汚れの掃除方法!軽い汚れはメラミンスポンジで

 

簡単な汚れは日頃の掃除の時に、お掃除の定番グッズメラミンスポンジで落とすことができます。

 

壁紙の表面の凸凹に溜まった汚れもメラミンスポンジがおすすめです。

 

メラミンスポンジとは、水をつけるだけで汚れを落とすことのできる研磨剤の入ったスポンジのことです。

 

細かな網目で汚れを削って落とすので、小さく切って消しゴムのように使うと便利です。

 

テープの剥がし跡や、ボールペン汚れも、メラミンスポンジを水に湿らせて軽くこすると簡単に落とすことができます。

 

ただし、研磨剤が入っているので柔らかい材質のクロスであれば傷つけてしまうこともあります。

 

メラミンスポンジのパッケージなどに記載されている使用方法・用途を守って、強くこすり過ぎないようにしましょう。

 

メラミンスポンジと同じく、細かな汚れを落とすのに便利なのが歯ブラシです。

 

お子様がクレヨンで落書きしてしまった場合など、歯磨き粉をつけた歯ブラシでこするときれいに落ちます。

 

また、鉛筆の汚れは消しゴムで落とすことができます。

 

気になる壁紙の汚れの掃除方法!頑固な汚れはセスキ炭酸ソーダがおすすめ

 

手垢や油汚れ、タバコのヤニ汚れといった頑固な汚れはセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

 

セスキ炭酸ソーダは重曹と並んで人気の掃除アイテムですが、重曹と比べて水に溶けやすく、油脂を乳化させたりたんぱく質を分解することができます。

 

このような性質から、皮脂や垢などの汚れやベタベタの油汚れを落とすのが得意です。

 

常温で長期保存することができ、界面活性剤が配合された油汚れ専用の洗剤と比べて環境への負担も少ないです。

 

洗浄力に対して手荒れの心配が少ないセスキ炭酸ソーダですが、肌が弱い方は手袋をして使用するのがおすすめです。

 

ドラックストアなどで粉状のセスキ炭酸ソーダが販売されているので、水500ccに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1さじ混ぜて使用します。

 

セスキ炭酸ソーダをスプレーボトルに入れ、気になる汚れの箇所にスプレーして雑巾でふき取るだけで綺麗になります。

 

まとめ

 

今回は賃貸物件を探している方に向けて、壁紙の汚れの掃除の仕方を紹介しました。

 

壁紙の汚れは、汚れの正体によって道具や洗剤を使い分けると簡単に落とすことができます。

 

壁紙汚れを綺麗にできるメラミンスポンジと、セスキ炭酸ソーダはどちらもドラックストアなどで手軽に購入することができておすすめです。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、葛西エリアの賃貸物件を多数ご紹介しております。

 

仲介手数料無料の物件もございますので、ぜひご相談下さい

≪ 前へ|葛西地区で美味しいと評判の食パン専門店2店を紹介!   記事一覧   家族で充実した休日を過ごそう!地下鉄博物館など雨の日でも楽しめる江戸川区のおでかけスポットご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る