センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 湿気防止から収納まで!人気の独立洗面台!メリットとデメリットを紹介

湿気防止から収納まで!人気の独立洗面台!メリットとデメリットを紹介

≪ 前へ|賃貸物件の「光ファイバー」と「インターネット対応」の違いとは?   記事一覧   賃貸でも取り付け簡単!スマートフォンを使ったスマートロックのメリットとデメリット|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

賃貸物件を探すときの条件として、「独立洗面台」があることを重視する方も多いでしょう。

 

独立洗面台は収納に優れ、ユニットバスと比べて湿気に悩まされることも少ないなど、その使い勝手の良さが人気です。

 

今回は、独立洗面台があることのメリット・デメリットをご説明します。

 

独立洗面台とは?どんなメリットがある?


独立洗面台

 

独立洗面台とは、お風呂やトイレと別々に作られている洗面台のことです。

 

ビジネスホテルでよく見られるような、洗面台・お風呂・トイレが一か所に集まったタイプのものはユニットバスと言います。

 

ユニットバスはワンルームや1Kの部屋に多く、それより広い間取りの部屋では独立洗面台を採用していることが多いですが、築年数が古い物件などではユニットバスが備えられているところもあります。

 

独立洗面台には、以下のようなメリットがあります。

 

●収納棚が付いている

 

独立洗面台には鏡の横や洗面台の下などに収納棚があり、収納力が高いのがメリットです。

 

●洗面所が広く2人以上でも使いやすい

 

朝出かける前の準備は一分一秒を争うもの。

 

独立洗面台だと、洗面所のスペースが広く鏡も大きいので2人以上でも使えて、洗面台の順番待ちをするストレスを減らすことができます。

 

●コンセントを利用できる

 

ユニットバスはお風呂と一体になっており、感電の恐れがあるため、洗面台にコンセントが付いていません。

 

独立洗面台であればコンセント付きなので、ヘアアイロンやドライヤーを使いたいときに便利です。

 

●女性の身支度に便利

 

独立洗面台には蛍光灯や三面鏡が付いていることもあります。

 

女性がメイクアップする際に蛍光灯で明るくできたり、三面鏡でヘアスタイルを確認できたりするのは嬉しいポイントです。

 

●カビや湿気などの悩みが少ない

 

ユニットバスの場合、お風呂を使った後は床が濡れてしまったり、お湯の熱気で湿気がこもってしまったりして、カビの原因になることがあります。

 

独立洗面台であればその心配がないのもメリットです。

 

メリット以外も知っておこう!独立洗面台のデメリット

 

このようにさまざまなメリットがある独立洗面台ですが、デメリットもあります。

 

それは、ユニットバスの賃貸物件に比べて家賃が高い傾向にあることです。

 

これは、洗面所とお風呂、トイレを別々に作ることによる工事コストがひとつの要因です。

 

一か月あたりの家賃の差はわずかであっても、積み重なれば大きな差になります。

 

もしユニットバスでも生活に支障がなさそうであり、できるだけ家賃を下げたいのであれば、独立洗面台にこだわらなくてもいいかもしれません。

 

まとめ

 

独立洗面台のメリット・デメリットをご紹介しました。

 

収納力が高く、使い勝手が良いなどメリットが多い反面、家賃が高い傾向にあるというデメリットもあります。

 

使いやすさと家賃のどちらを優先するか考えて、独立洗面台の要否を考えると良いでしょう。


センチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けにおすすめの賃貸物件を多数取り扱っています。

 

こだわり条件での物件探しも可能なので、お部屋探しの際はお気軽にご相談くださいませ。

≪ 前へ|賃貸物件の「光ファイバー」と「インターネット対応」の違いとは?   記事一覧   賃貸でも取り付け簡単!スマートフォンを使ったスマートロックのメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る