センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件、どこまでの事をしてもいい!?

賃貸物件、どこまでの事をしてもいい!?

≪ 前へ|不動産屋によって募集条件が違う!?   記事一覧   ほぼ毎日開催!新浦安駅のワクワク・プチ・マルシェ|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?
最近、賃貸のお部屋で『壁紙を選べる』とか『DIY可』とかちょいちょい見かけたりします。

一体、普通のお部屋だとどこまでの事が許されるのでしょうか!?

個人的な極端な考えは『ばれなければお部屋の中なら何してもいい!』と思ってます。ただ、『返すときには、借りたときの状態で返せるなら、何をしても良い』ってことです。


①改造とか模様替えとかして良いのかのぉ~?

賃貸借契約書に記載されてたりするんですよね~。
当社書式の契約条項にもあります。ざっくりと引用すると

(承諾事項)
借主は、予め貸主に承諾を得なければならない。
・玄関のカギ交換
・改造や模様替え、工作物の設置

基本的にはどえらい事はできないってことです。

②日常生活では?

これも契約書類を探すと出てくるんです。ざっくり引用すると

賃貸借契約書の中には

(借主の善管義務)
借主は善良な管理者の注意をもって、保全し使用しなければならない。

賃貸紛争防止条例に基づく説明書が理解しやすいかな?

(退去時における住宅の損耗等の復旧について)
借主の故意・過失や通常の使用に反する使用による住宅の損耗等の復旧費用は、賃借人が負担する。
(住宅の使用及び収益に必要な修繕について)
入居期間中、借主の故意・過失や通常の使用に反する使用による修繕費用は、賃借人が負担する。

押ピンを気にする方が多いんですが、極端に一か所に集中していなければ、まず問題ないでしょう。ネジとか釘はアウトです。
ただ、印象の問題もあります。
壁一面4mの間に100個の画びょう跡と2cm四方に100個の画びょう跡では見た目も印象も違いますよね。



基本的なことは、契約書に書かれているので一度、契約書類の条項も含め読み直してみてもいいかもしれません。

≪ 前へ|不動産屋によって募集条件が違う!?   記事一覧   ほぼ毎日開催!新浦安駅のワクワク・プチ・マルシェ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る