センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 退去時の床の修繕って誰負担?

退去時の床の修繕って誰負担?

≪ 前へ|葛西駅周辺の買い物スポット「アリオ葛西」とは?   記事一覧   そこの『東西線』大好きっ子へ!!~東西線キャップ~|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?
退去時にいくらかかるのか心配される方が多いんですが、床のことに関してお話しましょう。

まず、東京都には『賃貸住宅紛争防止条例』ってのがあります。
退去時の費用負担とか入居期間中の費用負担はどういう時に誰が負担するかの取り決めみたいなものですね。

では、床の負担は誰でしょう?

原則では、故意過失、通常の使用に反する使い方、良い状態で管理できなかった善管義務違反は借主負担。通常の使用による経年劣化等は貸主負担。
つまり、床に引越しで傷付けたとかペットが傷付けたとかテーブルからフォークを落としたら刺さったとか、大雨の日に窓を開けっぱなしで水びたしになったのに放置したり、エアコンから水漏れしてるのに放置して腐ったとかキッチン・脱衣所のマットが濡れてるのに変えずに使い続けてカビたり腐ったとか煙草で焼いたとかは入居者負担になると思います。経年劣化でささくれてたりするのは大家さん負担。


やっちまったキズ・汚れは心当たりがありますよね?
善管義務の部分は気にしましょう!大家さんがつけたエアコンから水漏れしたら大家さんに伝えて直してもらう、風呂場の足ふきマットはこまめに変える、万年床にしない等・・・

基本的には、東京にある建物は『賃貸紛争防止条例』に沿って原状回復・敷金精算をするようになります。
照らし合わせてみてください。


≪ 前へ|葛西駅周辺の買い物スポット「アリオ葛西」とは?   記事一覧   そこの『東西線』大好きっ子へ!!~東西線キャップ~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る