センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸で快適に暮らすための収納アイディアをご紹介

賃貸で快適に暮らすための収納アイディアをご紹介

≪ 前へ|子どもの命を守れ!ベランダからの転落防止方法をご紹介!   記事一覧   市川市でこの夏にリニューアルオープンするシャポー市川をご紹介 |次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報?

収納スペース


賃貸物件では、収納スペースが限られている物件が多いです。

 

しかし、さまざまなアイディアや工夫次第で、十分綺麗に収納することができます。

 

どのようにして収納すればいいのか、さまざまなアイディアをご紹介いたします。

 

収納の少ない賃貸では工夫をしよう


まず、よく使うものは手の届きやすい場所にしまいましょう。

 

そうすることにより、すぐ取り出すことができ、使った後も片付けやすくなります。

 

また普段使わないものは、手の届きにくい場所に収納しても問題ありません。

 

そして、使わなくなったものは、思い切って捨ててしまいましょう。

 

引き出しの中には仕切りを作って小物を分類することで、どこに何があるのか分かりやすくなり、綺麗に整頓することができます。

 

水回りで使うものは、壁や棚に吊るしておくと使いやすいでしょう。

 

吊るしてあげるとスペースを有効活用でき、掃除もしやすくなります。

 

吊るすスペースのない場所には突っ張り棒を設置するとよいでしょう。

 

トレイやかごを活用する方法もありますよ。

 

片付けの際に迷ったらとりあえずそこに入れておき、改めてかごの中のモノをどこに入れるのか考えるのです。

 

賃貸の収納に便利なアイテムは?


ラックはとても便利であり、狭いスペースでたくさんのモノを置けます。

 

ラックのそれぞれの段ごとに、分類してしまっておくと便利です。

 

さらに、ラックの上にボックスを置くという組み合わせ方もあります。

 

ワゴンタイプのラックは簡単に移動できるので、掃除の際もモノをどけやすくなって便利です。

 

スクールとして利用できる、ボックス型の収納アイテムもあります。

 

使用頻度の低いものを入れておけば、普段はスツールとして活用できますよ。

 

賃貸のクローゼットでの収納アイディア


クローゼットの上段には、あまり使わないものを入れておきましょう。

 

ホコリをかぶる可能性があるため、フタ付きのボックスやバスケットなどに入れると安心です。

 

中段には、よく使う洋服や小物をしまっておきます。

 

そして下段には、中段よりも使う頻度の低いものや吊るせないものを入れます。

 

このように使う頻度の高いモノは手の届きやすい場所に、一方で使う頻度の低いものは手の届きにくい場所に分けて収納することで、使いやすさが向上するでしょう。

 

まとめ


賃貸物件の限られたスペースを有効活用できる収納アイディアは、たくさんあります。

 

収納のためのグッズもたくさん出ているため、積極的に活用しましょう。

 

さまざまな工夫をすることで、部屋の中が綺麗に整理整頓された状態となります。

 

雑然とモノが溢れているのは、掃除しにくく、不衛生になりやすいです。

 

綺麗に整頓された部屋は、気分良く過ごすことができ、心身にも良い影響を与えるでしょう。

 

特にファミリー層は荷物が多くなりがちなため、工夫して整理してくださいね。

 

私たちセンチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、ファミリー向けの賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

お部屋探しの際はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|子どもの命を守れ!ベランダからの転落防止方法をご紹介!   記事一覧   市川市でこの夏にリニューアルオープンするシャポー市川をご紹介 |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

ハッピー  最新記事



ハッピー 

センチュリー21 ダイチ・コーポレーションの宣伝部長のハッピーです!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る