センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 急な転勤で引越しをする子育てファミリ―さまへ物件選びのポイント

急な転勤で引越しをする子育てファミリ―さまへ物件選びのポイント

≪ 前へ|とある営業担当の年末   記事一覧   災害時に活用したい、市川市にある大洲防災公園|次へ ≫
カテゴリ:雑記

転勤が急に決まって引越しをしなければいけない場合、遠方だと物件選びが大変だと思いませんか?

 

転勤の辞令が出るのは約1ヶ月前が一般的でしょうか。

 

短期間で決めなければならない引越し先、ポイントをおさえて子育てファミリーにとってよい賃貸物件を探したいですよね。


引越し

 

急な転勤で子育てファミリ―が物件探しをする時のポイント①


転勤で、子育てファミリーがまず決めなければならないのは赴任先の新しい住まいです。

 

土地勘もない遠方では時間のない中、短い時間で物件選びから引越しの準備、各種手続きをするため計画的に行動をする必要があります。

 

頻繁に行って内見することも難しいでしょう。

 

しかし大切な家族のための住まい、優先するべき条件を明確にしておけばスピーディに、より良い物件選びができます。

 

直接不動産会社へ行かなくても、インターネットを効率的に活用して多くの賃貸物件をチェックできますし、提示した条件に合った物件があればメールなどで問い合わせることも可能です。

 

メールや電話の対応で信頼のおける不動産会社だと判断できれば、やり取りのなかで家族構成などから子育てファミリーに合いそうな別の物件を紹介してもらってもいいでしょう。

 

候補の物件を家族の代わりに内見したり、要望を聞いて動画や写真を送ってくれたりする不動産会社もありますので遠慮なく希望を伝えてください。

 

可能であれば一度家族で内見に行く日を作り、自分の目で確かめることをおすすめします。

 

急な転勤で子育てファミリ―が物件探しをする時のポイント②


子育てファミリーの物件選びで何よりも大切なポイントは子育てしやすい環境かどうかではないでしょうか。

 

部屋の間取りや階数はもちろん、周辺環境などにも条件をつけてください。

 

幼稚園や保育園、学校などが通いやすいところにあるか、公園や病院などの情報もチェックしましょう。

 

インターネットの街の口コミや、転勤先の会社の同僚から話を聞いてもいいですし、地元の不動産会社からの情報提供も有益です。

 

できればひとりからの情報ではなく、複数の人の話を総合的に自分で判断するようにしてください。

 

駅からの距離や買い物の利便性、勤務先への通勤時間も大切なポイントです。

 

希望をすべてかなえる物件選びは大変ですが、条件に優先順位をつけて、子育てファミリーとして譲れるところと妥協できない点をはっきりと不動産会社に伝えることが重要です。

 

まとめ


急に転勤が決まると、つい焦って物件選びをしてしまいがちです。

 

しかし、たとえ数年の転勤生活でも子育てファミリーにとってはかけがえのない年月です。

 

子育てしやすく快適な生活を送るためには迅速な判断力と行動力が必要になってきます。

 

新しい生活のために、不動産会社や同僚など周囲の人とうまくコミュニケーションをとって物件選びをすることが大切です。

 

私たちセンチュリー21ダイチ・コーポレーションでは、多数の賃貸物件をご用意しております。

 

お引越しの際はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|とある営業担当の年末   記事一覧   災害時に活用したい、市川市にある大洲防災公園|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る