センチュリー21ダイチ・コーポレーション > 株式会社ダイチ・コーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 安心できる賃貸マンションのセキュリティーポイントを見極める方法は?

安心できる賃貸マンションのセキュリティーポイントを見極める方法は?

≪ 前へ|☆新築見学会☆PARTⅡ   記事一覧   店頭ショーケース新設!~古川誠弥 編~|次へ ≫
カテゴリ:ブログ

賃貸マンションを探す際、皆さんはどういった点を重視されますか?

最寄り駅からの距離、学校や保育園・公園など子育て関連スポットの数や場所、マンションの設備条件など、何を重視されるのかは人それぞれです。

その中にはセキュリティー面を重視される方もいらっしゃいますが、賃貸マンションによっては設備にバラつきがあるため、契約前にしっかり見極めることがポイントです。

今回は、賃貸マンションのセキュリティーに関する見極めポイントをご紹介します。


セキュリティーの定番 オートロックの見極めポイント


賃貸マンションのセキュリティー対策として、もっとも代表的な要素と言えるのがオートロックです。

特に女性の一人暮らしや子育てファミリーは、ご自身や家族の安全を守るために重視される方も少なくありません。

 

そんなオートロックの注意点は、100%部外者をシャットアウトできるわけではないということです。

オートロックは外から開ける場合は専用キーや暗証番号が必要ですが、中から開ける分にはそれらが必要ありません。

そのため、その隙を狙って内部に不審者が侵入するケースもあります。


賃貸マンションのオートロックをより安心できる設備と見極めるポイント


先ほど、オートロックは100%部外者をシャットアウトできないと述べました。

とはいえ、全くオートロックがない賃貸マンションやアパートと比べると、やはり不審者が侵入しやすい確率は下がります。

そんなオートロックをもっと安心できる設備と見極めるためには、以下の2点に注目してみましょう。

 

・エントランスに防犯カメラがあるか

 

エントランスに防犯カメラが設置されていると、マンションを出入りする人が映像として記録されます。

不審者は自分が見られることを嫌がるため、これも一つのセキュリティー対策となりますよ。

また、万が一ご自身や他の住人の方が危険な目に遭った場合は、防犯カメラの記録を元に犯人を割り出すこともできます。

 

・管理人さんが常駐しているか

 

どんな設備よりも、人の目の方がごまかせない時もあります。

そういった観点から考えると、管理人さんが常駐している賃貸マンションもセキュリティー対策に効果的です。

管理人常駐の物件は、マンションに出入りする人が見えやすいように、エントランス近くに管理人室が設置されているケースが多いです。

そのため、仮に不審者が侵入しようとしても管理人さんが「何かご用ですか?」と声をかけるだけで、自分が誰かに見られていることを認識して去っていきやすくなります。

 

また、管理人さんのお仕事の一つに、共用部分の清掃があります。

これはマンションをきれいにしてくれるメリットがありますが、実はセキュリティー対策としても効果的ということをご存知でしょうか。

不審者は、常にきれいにされている物件はいつも誰かが巡回している=侵入しようとすると見つかるかもしれないと認識するため、結果として安全につながるのです。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

意外かもしれないオートロックの弱点も、他のセキュリティー対策と併せることで、安全性を高めることができますよ。

賃貸マンション選びの際は、ぜひこのポイントを重視すべき点として見極めてくださいね。

 

葛西エリアの賃貸マンション探しは、ダイチ・コーポレーションにぜひお問い合わせください


≪ 前へ|☆新築見学会☆PARTⅡ   記事一覧   店頭ショーケース新設!~古川誠弥 編~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る